稲刈り体験

6月に田植え体験を行ったカオカオ田んぼが見事な黄金色に染まりました!


数日前の台風で少し倒れながらも強風に耐えた稲穂。
根がしっかりしている証でしょうか!
田植え体験に参加してくださった方々の植え方が上手かったんですね♪


まずは参加者の方が来る前にまずはスタッフで準備と学習。
田んぼに入りやすいように道路側の1列を刈ってみました。
初の稲刈りは気持ちいいそうです♪


そして今回の参加者の皆さま。田植えから引き続きご参加の方や数十年ぶりに稲刈りをする方、なんと一時帰国中の方まで世代性別国籍問わずのワールドワイドな皆様にお集まりいただきました!


簡単なご挨拶と、本日の流れやアドバイスなどをお聞きいただきました。
今回は稲刈り~束にしたものを干す作業(はさがけ)までを体験していただきます。


さぁ、みなさんで稲刈り入刀♪


一刈目は少し鎌に緊張しながら…という姿を見受けられましたがサクッという切れ味に「おー!!」という声があがりました!
コツをつかむと気持ちいぐらいにサクサク稲が刈られていきます!


兄弟で上手に刈れました!
稲刈りを頑張ったご褒美にパパが野球観戦に連れて行ってくれるそうです♪


こちらは稲を刈って、運んで、とチームワーク抜群!
かっこいい英語での会話に惚れ惚れしちゃいます。
稲刈りの翌々日に帰国という奇跡的なタイミングで参加してくださいました。


そしてベテランチーム。
もう早い、早い。
手作業での稲刈りは何十年ぶりとのことでしたが「子供の頃から稲刈りは家族でやったもんだ」と、さすがの手つきです。


刈り終えた景色は秋を感じさせますね。
視界が開けてくると子供たちは稲穂に隠れていた虫に大興奮!
始めましての子供たちもカエルを捕まえたりしてすぐに仲良くなり楽しんでいましたが私は全力で虫と子供たちから逃げました(笑)


刈った稲は干すために麻ヒモで結んで束にしていきます。
傾けて隙間を作ると結びやすいよと教えていただきました!


そして、この結ぶ麻ヒモ。
何本も作っていくのに「肘にかけてクルクル巻いて切れば均一にいっぱい作れるよ」とアドバイスを頂き美人な新人スタッフが用意してくれました。
途中で麻ヒモの本数が足りなくなったので私も作ってみたら
「あれ、さっきより短い」「これじゃ結べないよ~」との声が…
あー…私の腕が短いの忘れてました(笑)


そんなトラブルもありながらも稲刈りはあと少し!
どんどんと運ぶ距離が遠くなるので大変そうですが子供たちも頑張ってくれました。


稲刈り完了!
田植えしたラインが再びお目見えしました。


仲良く休憩をはさみながら、はさかけの準備です。


束ねた稲穂を二分割してどんどん引っ掛けていきます!
雨が降っても自然と下に流れるように、風が通りやすいようにと考えられているんですって。
干す場所が足りなくなったら稲穂同士で傾斜と風の通り道を作ってあげることもできるそうです。


わーお!3匹の子豚に出てくるお家みたい(笑)
高い3段目は長身さんにお願いしました!


さぁ、はさかけも完成して本日の稲刈り体験はここまでです。
皆さま、お疲れさまでしたー!
最後に日光をあびてぎゅーっとおいしくなってくれますように☆


お子様もいる中、刃物を使うということで私たちスタッフも緊張しましたが
誰も怪我することなく楽しく体験会を行えたことにホッとしました。
最後まで頑張っていただいた皆さま、そして保護者の方々のご協力に感謝いたします。


日本の文化、昔の想い出、自然とのふれあいなど、参加者の皆様にとって素敵な体験になっていたら嬉しいです。
稲刈り体験にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。


今回干していただいたぷっくり膨れた稲穂も残すところ脱穀というところまできました!
おいしい白米まであと少し。
今後もカオカオ田んば、楽しみにしていてください♪

カテゴリー: カオカオ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。